シングルマザー(シンママ・母子家庭)で就職活動する人へ

シングルマザー(シンママ・母子家庭)になって就職活動を始めた私のこと

離婚届

 

2013年3月に、シングルマザーになった私。

 

当時私が30才、2人の息子達は4才と1才でした。
それまで、製造業にパート勤務で働いていたけれど、月々の手取りは8万円程度。

 

両親とも離れて暮らしており、今後は自分ひとりで子供たちを養っていかないといけない。
そう思ってパートを辞め、正社員の仕事を探すことにしました。

 

でも、シングルマザーの就職活動は甘いもんじゃありませんでした。
恥ずかしい話ですが、結局就職が決まるまで30社以上の会社に落ちました

 

就職活動中には、けっこうひどいことも言われた。

 

シングルマザーには、この仕事・・・無理でしょ(笑)
なんで子供が小さいのに離婚なんてしたの。無責任だね

 

・・・なんて言われたこともあった。

 

その日は面接の帰りに大泣きしました。
子供には泣き顔を見せられないと思ったけど、家に帰って子供の顔を見たら申し訳なくなって、また涙が出てきました。

 

どんどん自分を責めるようになり、精神的にも余裕が無くなくなっていきました。

 

就職活動中の半年間は、このままずっと決まらないのでは・・・という恐怖で一杯でした。
路頭に迷う家族のニュースが他人事ではなくなり、いつも頭をよぎりました。
正直に言って、金銭的にも当時の生活はかなり厳しかったです。

 

その経験から、私と同じようにシングルマザーで転職しようと思っている人に少しでもアドバイスが出来ればと思いました。

 

●現在の私の仕事

仕事

 

30社ほどの会社に落ちた私が、ようやく就職できたのが人材派遣会社のコーディネーターという仕事でした。

 

派遣会社に登録に行った際に、担当の人が気にかけてくれ紹介してくれた仕事です。
本当に運が良かったし、当時の担当である先輩には心から感謝しています。

 

コーディネーターは、企業と派遣会社に登録している人をマッチングする仕事です。
大変な仕事ではあるけれど、1年間の契約社員期間を終えて今年2016年の春から正社員になることが出来ました。

 

この仕事の中で、多くの仕事を探す女性と話をしました
もちろん、派遣会社に登録する人の中にはシングルマザーの人もたくさんいます。
自分の辛い転職経験から、少しでも役に立てればと思って頑張っています。

 

色んな人たちと企業をマッチングしていくうちに、どうすれば就職出来るのかが客観的に見えるようにもなってきました

 

 

●シングルマザーの就職活動の流れ

仕事

 

まずはシングルマザーが就職活動を行う場合の、基本的な流れを整理します。

 

◎ハローワークへ行く

まずは、ハローワークに行って仕事探しの準備に必要な手続きをしましょう。
今まで働いていた人と、専業主婦だった人とでは手続き方法が違います。

 

ハローワークには、「マザーズコーナー」などと名前の付いた、仕事を探す母親(ワーキングマザー)の就職相談に乗ってくれる特別なブースがあります。
母子家庭の就職探しにも詳しいスタッフが対応してくれるので、このコーナーで相談するといいでしょう。

 

  • シングルマザーであること
  • 希望する仕事
  • 不安なこと

 

など、色々と相談に乗ってくれ、おすすめの求人を紹介してくれるはずです。

 

また、会社によってはシングルマザーを採用することで助成金が貰える申請をしているところもあります。
そういった会社は、シングルマザーの採用に積極的なところも多いです。
そういった情報もハローワークで収集しておくと良いでしょう。

 

◎応募書類を提出する

申し込む会社が決まったら、応募書類(履歴書や職務経歴書)を送ります。
持参する・郵送するなど、それぞれの会社で異なりますので従いましょう。

 

◎面接に行く

応募書類の書類選考が通ったら、次に面接があるのが一般的です。

 

●面接で良く聞かれる質問

仕事

 

面接で、シングルマザーであることを話すと、良く聞かれることがあります。
回答出来るように、準備をしておきましょう。

 

◎子供が病気になったときはどうしますか?

企業側が、シングルマザーと聞いて一番心配することは、子供が病気になったときに休むのでは・・・ということです。

 

実家と一緒に暮らしている、近所に暮らしているなどで両親が面倒を見てくれるのであれば、そう説明しましょう。
無ければ、病児保育のサービス等を調べて置き、利用体制が整っていることをアピールしましょう。
実際に働き始めたら、やむを得ず休んだり早退したりすることは出てくると思います。

 

しかし、なるべく仕事先に迷惑をかけないように努力している姿勢を見せることは大切です。

 

◎なぜこの仕事(当社)を選びましたか?志望動機を聞かせて下さい。

「給料が良い」「土日が休み」「家から近い」など、ホンネの理由もあると思いますが、企業側は「この人は仕事がちゃんと出来るか」を見ているので、「自分の過去の〇〇の経験が、〇〇の仕事で活かせると思ったからです」など、仕事につながる回答をしましょう

 

●シングルママが早く就職するために利用すると良いサービス

仕事

 

ハローワークで就職活動をするのが一般的ですが、それだけだとシングルマザーの就職活動は厳しいです。
私は、ハローワークを中心に就職活動を続けた結果、30社も落ち続けました。

 

このままではいけないと思い、人材派遣会社や就職支援を行う「転職サイト」に登録しまくりました

 

就職先を早く効率的に見つけるには、就職を支援してくれる「転職サイト」を上手く利用するのがおすすめです。
専門のスタッフさんが色々と悩みの相談に乗ってくれて、こっちの事情を理解したうえで求人を紹介してくれます。

 

利用者は「無料」で登録できるので、いくつか登録してみるといいですよ。

 

◎おすすめの就職支援サイト

 

事務職を目指すなら!マックスキャリア

オフィスワーク限定の求人紹介サイトで、事務職等を目指す女性に大変人気です。
シングルマザーの皆さんは、子供が大きくなることを考えて、「土日休み」とか「残業が少ないところ」とか要望があると思います。
そういった希望にも出来る限り応じてくれますよ。
また、正社員として働きたい方も相談に応じてくれます。
今だと、マックスキャリアを通じて就職が決定すれば、3,000円のQUOカードがもらえるという嬉しい特典つきです。

 

事務職を目指している人は、登録しておくことをお勧めします

 

ファッショーネ!

アパレル企業への就職に特化したサイトです。
販売職はもちろん、アパレル系専門職も取り扱っています。
豊富な職種と求人が登録されているため、ファッションやアパレルに興味がある方は登録しておくと良い情報が得られるでしょう。

 

 

転職エージェントのパソナキャリア

幅広い職種を取り扱っている会社です。
IT・通信・インターネット・電気メーカー・機械メーカー・医療・福祉・営業などの分野に特に力を入れています。

 

バリバリ働いていきたい!!という熱意のある方は、登録をおすすめします。

 

ほいく畑

ほいく畑は、保育士専門の求人紹介サイトです。

 

シングルマザーが再就職をするときに、資格を活かして保育士を希望する方も多いです。
しかし、ブランクがあったり、シングルマザーであったりすると資格を保有していても、就職に不利になり採用が難しいケースも多いです

 

スタッフの方が間に入ってくれますので、自分では言いにくい給与面や休日などの待遇面の交渉などもしてくれます。

 

保育士として再出発したい方は、ぜひ登録してみてください

 

 

シングルマザーが就職活動をするときは、辛いことがたくさんあると思います。
少しでも良い就職先に、早く決定されることを心より願っています。